tel:03-6279-6487

〒157-0062 東京都世田谷区南烏山6-33-34

訪問診療 インターネット予約

交番通り歯科|世田谷区、千歳烏山、歯科、審美歯科、訪問診療、インプラント

予防歯科

  • 料金表
  • Doctors File 当院のドクターが紹介されました。
  • 歯科医師探しなら みんなの歯医者さんネット
  • 審美歯科治療専門サイト 審美歯科ネット
  • インプラント治療専門サイト インプラントネット
  • 当院が掲載されました!インプラント・矯正歯科・審美歯科 厳選100院
  • EPARK歯科 ネット予約受付中
HOME»  予防歯科

予防歯科について

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?
もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。
予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。
メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。
予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。 そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

歯周病

歯周病とは、歯を支えている歯肉(歯茎)や歯槽骨に起きる病変で、以前は、「歯槽膿漏(しそうのうろう)」と呼ばれていました。虫歯と違って痛みはありませんが、進行すると歯茎が腫れる、口臭がひどくなる、歯がぐらつく、などの症状が現われ、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病の原因

歯周病の原因は、虫歯の原因と同じくプラーク(歯垢)です。歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。
歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。
歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物を噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

予防歯科メニュー

歯周ポケットチェック

歯と歯肉の隙間「歯周ポケット」の深さは、歯周病の進行でどんどん深くなってしまいます。この検査は、ポケットの深さを専用の細い器具で計測し、歯周病にかかっていないかをチェックします。

 
スケーリング

超音波で、石灰化した歯石や歯垢を除去します。歯肉や歯周ポケットに付着した汚れを取り除くことで、むし歯や歯周病からお口を健康にキープ。保険適用内で行える処置なので費用負担も軽めです。

 
SRP

麻酔をして歯周ポケットの奥深くや歯の根の表面に付いた歯石を除去したり、歯周病感染で傷んだ歯の根を部分的に削り取ったりしたあと、歯の表面を滑らかにする処置です。

 
エアフロー

アミノ酸粒子をウォータースプレーで吹き付け、歯の表面に付いたバイオフィルム(歯垢)やステイン(外来性の着色)を飛ばします。使用後は歯の表面がツルツルし、むし歯菌や歯周病菌、着色汚れの付着を防ぎます。

 
TBI(ブラッシング指導)

TBI(トゥース・ブラッシング・インストラクション)とは、歯科医院で行うブラッシング指導のこと。毎日の正しい歯みがきで歯垢除去を完璧に行うことは、病気の早期発見と同じくらい重要です。正しい歯みがき方法をマスターして、健やかな口腔内環境を保ちましょう。

 
ページトップへ戻る